ホルモン補充療法でバランスを整える|整形ガイド

医者

更年期障害を緩和するには

病院

女性ホルモンを補充する

更年期障害を改善するには、足りなくなった女性ホルモンを補充する必要があります。女性ホルモンを補充するには、サプリメントやホルモン補充療法などがあります。サプリメントでは大豆イソフラボンが女性ホルモンを補う効果があります。ホルモン補充療法は医療機関でできる治療で、エストロゲンやプロゲステロンの内服薬、ジェル、パッチなどを使ってホルモンを補充していきます。食生活を工夫することでも女性ホルモンを増やせます。豆乳はエストロゲンもプロゲステロンも補充できる便利な飲み物です。青魚、ナッツ類、かぼちゃ、キャベツなども女性ホルモン活性化に効果があります。反対に添加物が入った食べ物は女性ホルモンを低下させる作用があります。

病院での治療方法

ホルモン補充療法は更年期障害の治療をしているクリニックで受けることができます。更年期障害の治療に関しては、すべてのクリニックで健康保険が効きます。安い治療費で更年期を緩和させることができて、しかもアンチエイジングにもなります。ホルモン補充療法の治療方法には飲む方法と肌に塗る方法、そして肌に貼る方法があります。胃腸が弱くない人であれば、エストロゲンやプロゲステロンの内服薬がお勧めです。飲むだけで女性ホルモンが補えるので簡単です。ただし、胃腸が弱い人だと負担になるので、その場合は貼る方法や塗る方法があります。ジェルタイプとパッチタイプがあり、腰のあたりに塗ったり貼ったりすることで、女性ホルモンを補うことができます。